結婚式でオススメしたい余興3選

色々な余興があるけれどもやっぱりオススメは歌とダンス

結婚式でおこなう余興はどのようなものがオススメかと言うと、自分の経験上過去に盛り上がったベスト3は何かというと、まずは歌とダンスです。定番といえば定番ですが、歌は自分がやった中でもやはり一番盛り上がりました。私は長淵剛さんの「乾杯」を歌わせてもらったのですが、決してうまくはないものの、全力で心を込めて歌ったところ、予想以上の拍手をいただく事が出来たのを覚えています。また男性数名でダンスパフォーマンスをやっている人もいましたが、これも見ていてかなり盛り上がりました。ダンスは数名の動きが一体化すればかなり盛り上がりますので歌が苦手な人にはオススメです。ダンスが踊れない人は数名でアイドルの制服みたいな格好をして歌を歌っても結構盛り上がります。

新郎新婦をいじり倒すクイズ

次に盛り上がった余興はクイズです。これは私がやったわけではありませんが、会場にいて非常に楽しかったので印象に残っています。クイズといっても普通の歴史やうんちく問題を出すのではなく、新郎新婦に関する問題を出していたので非常に面白かったです。クイズの問題では「初めて二人がデートした場所はどこでしょう」とか「二人が大喧嘩した理由は何だったでしょう」等新郎新婦の思い出から出題されていたり、他にも新郎の学生時代の失敗談などを面白おかしくクイズ形式で出して、知らない人でも楽しめたのを良く覚えています。クイズ大会はどちらかというと二次会でよく商品をかけて行われますが、結婚式でやっても盛り上がる事は間違いありません。

新郎新婦を巻き込んだマジックショー

3つ目は何かというとマジックです。私が式の会場で見たのは新郎新婦が手伝い人として加わってマジックを行うというものでした。新郎がやると失敗して、新婦がやると成功するという形で盛り上がっていたのを覚えています。プロではないので仮に失敗しても盛り上がるところがマジックの良いところです。もちろん誰もが驚くようなマジックをやって会場を沸かせてもよいですし、どちらでも盛り上がる事間違いないのがマジックです。

これら3つの余興を成功させるコツは経験談から言わせていただくとあまり上手い下手は関係ありません。とにかく全力でやる事が大切です。余興はいかに見ている人を楽しませるかなので、技術で会場を盛り上げる事も素晴らしいですが、決してそれだけではないという事を知っておくと良いです。
また余り余興に時間をかけても駄目だというのが成功のコツでもあります。プロでもない人の歌や踊り、マジックを何十分もダラダラとやられてもしらけてしまうので、平均で5~10分程度、どんなに長くても15分以内に終わらせると良いです。